楽しみつつ免許取得


ベッド合宿免許でシングルタイプをお勧めするのは特に社会人の方などです。オフシーズンの場合はそれほど問題はないかもしれませんが、長期休暇の時期などは特に学生が多いため、相部屋などになると話が合わずに気まずい思いをする事になるでしょう。約二週間ほどという期間ではありますが、それなりに長いので気が合わない、話が合わない相手と過ごすのは苦痛でしょう。ですので、多少値段が高くなったとしてもシングルを選んでおくのが無難な選択です。

シングルを選んだとしても施設内には娯楽施設がある事が多いので、合宿所で知り合った方と一緒に楽しむ事もできます。気軽なコミュニケーションも適度に楽しみつつ、合宿の目的でもある免許取得のために分からない所を教え合うという事もできますしシングルの部屋を選んだとしても合宿の醍醐味とも言えるコミュニケーションを楽しめないというわけではありません。合宿で免許を取得することも勿論大切ですが、合宿で出来た友人が一生付き合う大切な共になる事もあります。合宿で友人の輪を広げ、今まで興味のなかった新たな趣味を開拓するのも良いのではないでしょうか。あなたなりの楽しみ方で合宿を楽しんでいただければ幸いです。

入りやすい時期


運転合宿で免許を取得しようと考えた時一人部屋は競争率が高く、中々入ることは出来ません。ですが、例えば春休みや夏休みといった学生が休みの時期などを避けることですんなり入れたりする事もあります。また、そうした閑散期にはダブルやトリプル、相部屋などを一人部屋のシングルプランとして提供している事もあるため一人部屋に入りやすくなっています。当然そうした時期の方が価格も安くなっているので学生の方でも出席日数などに余裕があるのであればおすすめできます。時間に都合の付く方でしたら、このような方法で一人部屋に入ってしまうのが最も入りやすいでしょう。

合宿で免許を取得するには最短でも二週間ほどの時間が掛かってしまいます。また、ATかMTかで修了する時期も違うため、友人同士で取りに行こうと考えている方には注意が必要になります。もし、合宿が始まってダブルの部屋をとってから喧嘩などしたら途中でシングルに変えてくれというわがままは通りませんし、ATとMTで取得する免許が違った場合は片方が終わってから部屋の移動をお願いされる可能性が高くなります。なので、そうした問題が起こりそうな場合は極力一人部屋を問っておくのが良いでしょう。

合宿免許をシングルで


友人同士免許の取得を考えた時おすすめされる方法で最も人気があるのが合宿でしょう。合宿でしたらまとまった時間さえ取れれば最も合格率が高く、多くの人と交流できるというのも魅力の一つです。そんな合宿免許のプランにはシングル・ダブル・トリプルといったプランが用意されています。これは部屋割りの仕方で、シングルであれば一人部屋、ダブルであれば二人部屋、トリプルであれば三人部屋、という別れ方をしています。友人同士で行く方などはダブル・トリプルを選ぶ方も多いようですが一人で免許を取りに行くという方や、友人同士だけれど自分の時間が欲しいという方にはシングルが人気となります

基本的に合宿校というものは大人数を受け入れるという性質上多人数部屋を多く確保しています。部屋は提携しているホテルなどの宿泊施設であったり、自社で保有している寮など形態は様々ですが基本的に2~3人部屋を確保しているので一人部屋はそれだけ競争率が高くなってしまいがちで、また他の部屋に比べると一人当たりの単価が高く設定されている事が多くなり費用が掛かります。とは言え、自分の時間を取れるというのは大きな魅力です。合宿とは言え四六時中他人と同じ空間にいなくてはならないというのはそれなりにストレスの掛かるものですし、それが気ごころ知れた友人ならまだしも、見ず知らずの他人となったら必要以上に気も使います。そうなるとできる限りは一人部屋を確保したいものです。